本年初のラウンド。6月30日 4ホール編

ゴルフのお話

スタートから1ホールの話は下のリンクからどうぞ。

3ホールの話は下のリンクからどうぞ。

4ホール

4ホールは緩やかな左ドッグレッグのミドル。

左は斜面で右は林。

距離は360ヤードほど。

まっすぐ打つとフェアウェイバンカーがあるので考えないといけない。

ここでの戦略。

ドライバーで左方向に打つ。

ちょっと捕まらなくてもオッケーだし、つかまっても斜面で落ちてくる事を期待して。

ティショット。

いつものように打つ。

が、

フェースの下の方にあたる。

しかもちょっとひっかけ気味の球。

ミスショット。

200ヤードくらいの斜面の下の方に止まる。

ミスショットだが、リカバリーできるミス。

納得はいかないが2打目の場所に行く。

2打目

ちょっとつま先下がりだが気にするほどでもない。

残り140ヤードほど。

イメージとしては1ホールのセカンドショット。

あの感じで打てたらいい。

2打目を打つ。

トップ。

ボールが50ヤードほど前にはねながら転がっていった。

はねながら転がるということはすくい打ちをしている。

打つ瞬間伸び上がってしまったのか。

練習して上手くなったと思っても、こんなミスは本当になくならない。

3打目

残り100ヤード弱。

ここはグリーンに乗せておきたい。

打つ。

またもトップ。

グリーン奥に飛んでいく。

3回連続のミスショット。

ここまでくるとメンタルが崩れだす。

自分では普通に打っているつもりでもさっきのショットも普通ではなかったんだろう。

こうなるとミスの連鎖が続く。

グリーン奥に止まったボール。

アプローチで打つ。

いい感じで打てたと思ったら、グリーン奥からなので全然止まらない。

勢いよくグリーンを転がり出て行った。

引き続きミスは続きアプローチで打ったボールがカップを通りすぎる。

その後も3パット。

ダブルパーの+4

初心者がやるようなミス。

グリーンを行ったり来たり。

その前の1打目からも続くミス。

このホール全くいいところがない。

メンタルボロボロ。

ミスのはじまりは、前のホールから続くミス。

自分では落ち着いているつもりでも普通の状態じゃなかったんだろう。

判断ミスもするし、多分アドレスがずれてる。

1H2H3H4H5H6H7H8H9H
+1+2+4
用語意味
ドッグレッグホールの途中で曲がっている事。左に曲がっていたら左ドッグレッグ。右なら右ドッグレッグ。犬の足のように曲がっているかだとかなんとか。
トップボールの横をクラブの下の方でたたく事。低く飛ぶ。
ダブルパー規定打数の倍打つ事。パー4なら8打。ちなみにパー3は6、パー5は10打。

次の5ホールは下のリンクからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました