本年初のラウンド。6月30日スタートから1ホール編

ゴルフのお話

6月30日の話

この日今年初めてのゴルフのラウンド。

去年の12月からだから7ヶ月以上ぶり。

こんなに長くコースにいかなかったのは初めてかもしれない。

なぜコースにいかなかったのか。

去年から始まるコロナ禍。

それによる自粛の影響も当然あるが、それより自分のゴルフ熱が少し冷めてしまったからというのも大きい。

今年に入って何度もコースに誘われていたが、非常事態宣言を理由に断り続けていた。

ただ、今回は非常事態宣言が解除され、自分の中でもちょっとゴルフに対して前向きになったタイミングで、後輩からの誘いがあり快諾した。

最初はその後輩と二人きりの2サムでまわるということだったが、後輩の知り合いを加えての3サムゴルフになった。

場所は家から車で1時間くらい走らせたところにあるゴルフコース。

価格がリーズナブルというのもあり、何度もいった事のあるコース。

値段の割にコースは綺麗でグリーンもよく整備されていた印象。

当日は後輩の運転でゴルフ場に向かった。

スタート時間の1時間前には到着してショットやパターの練習。

天気予報は曇り。

実際は晴れ時々曇り。

風は微風。

もう初夏の気候。

グリーンは早め。

表示は9フィートとあった。

程よく体をほぐしてからスタート。

アウトから。

1ホール

まっすぐのミドルホール。

ティーグラウンドからグリーンが見える。

レギュラーティーからは360ヤードくらい。

右はOBで左は斜面になっている。

狙うなら左側。

ただ、230ヤードくらいにバンカーが効いてる。

オナーは私。

久しぶりのティショット。

緊張する。

頭の中はあれこれ考えがちだけど、リズムだけを考えてうつ。

気持ちよく振れたけど、ちょっとひっかけ。

バンカーが気になるがバンカーを越えて左のラフ。

遠くでわかりにくいが、悪くなさそう。

まずまずのスタートがきれた。

2打目。

若干のつま先下がりで、ラフはそれほど深くない。

残り70ヤードほど。

手前にはバンカー。

打ち上げのグリーン。

ピンは手前に切ってある。

ちょっと難しい。

ショートすればバンカー。

奥のグリーンに乗せればパットが難しい。

緊張のショット。

うまく体が回る。

パーオン。

グリーンに上がってみたらカップの1mそば。

バーディチャンス。

しかし、近づいて気づく。

カップ横についたので近いが、難しいパット。

パターには自信がないのでプレッシャー。

方向だけ決めてパット。

外す。

しかし、返しのパットは沈めてパースタート。

バーディパットは外したが、この時は今日調子がいいかもしれないと思ってた。

この時までは。

1H2H3H4H5H6H7H8H9H
用語意味
2サム・3サム2人・3人。ゴルフでは何故か2人で回ることを2サムという。
○フィートグリーンの速さの単位。数字が大きくなればなるほど早い。早いと難しい。遅すぎるのも難しい。
大体今日のグリーンの速さが書いてある。スタート前に確認するのをおすすめ。
アウトスタート・インスタート1ホールからスタートするのをアウトスタートという。10ホールからスタートはインスタート。
ミドルホールパー4のコース。ショートホールはパー3・ロングホールはパー5
レギュラーティ普通の人が打ち始める場所。女性はレディースティ・上手い人はバックティなど打つ場所が違う。
オナー一番最初に打つ人
ひっかけ大体の人は左に行くこと。左利きのレフティは逆。
ピンピンフラッグ。カップのあるところ。
ラフ草が長めに生えてるところ。あまり打たない方がいい。
パーオンミドルホールだと2打目がグリーンに乗ること。ショートは1打目。ロングは3打目。

続きは下のリンクから

コメント

タイトルとURLをコピーしました