本年初のラウンド。6月30日 2ホール編

ゴルフのお話

スタートから1ホールの話は下のリンクからどうぞ。

2ホール

打ち下ろしのショートホール。

本当のレギュラーティだと200ヤード近くあるなかなかの難易度のショートホール。

しかし、今回は120ヤードちょっとのところにレギュラーティ。

難易度を上げてるとここで詰まってしまうからだろう。

流れをよくするためによくある事。

グリーンの手前の左右にはガードバンカー

グリーン奥にもバンカー。

カップは手前の左側にきってある。

風は若干のアゲインスト。

攻め方としてはグリーンに乗らなくても手前から攻めたい。

手前もバンカーがあるのでショートしても花道から行きたい。

ここのホールもオナーは私。

ショートホールのオナーは番手が参考にならないのでオナーじゃない方がいいが、仕方ない。

さっきの1ホールショットは悪くなかったので52度のウェッジを選択。

リズムだけを考えて打つ。

あたりがうすい。

しかもちょっとひっかけ。

バンカーが気になるがどうにかバンカーを越えてグリーン手前に止まる。

バンカーに落ちなくて安堵する。

グリーン周りに来て他の同伴者のショットを待っている時ちょっとした事件が。

後輩が打った球が強めに出る。

「あっ強い。」っと思ったが、その球がピンにあたりカップイン。

チップインバーディー。

目の前でそんなスーパープレーを見せられると動揺が。

アプローチ失敗でショート。

その後、2パットでボギーになる。

ゴルフはメンタル。

同伴者がどんなプレーをしようが自分のプレーに集中するだけ。

わかっているがちょっとしたメンタルの揺れがショットに出てしまう。

自分もチップインをとりたいと思ってしまった。

1H2H3H4H5H6H7H8H9H
+1
用語意味
ショートホールパー3のホール。
レギュラーティ普通の人が打ち始める場所。女性はレディースティ・上手い人はバックティなど打つ場所が違う。
ガードバンカーグリーンの周りのバンカーの事。グリーンを守るようにあるからだとかなんとか。
アゲインストこの場合は風のこと。向かい風。追い風はフォロー。
花道フェアウェイからグリーンにつながる部分。芝も短いので打ちやすい。
オナー一番最初に打つ人
番手がわからないゴルフはどのクラブで打つかわからない時他の人の打った番手を参考にする場合がある。
オナーは最初に打つので参考になるものがない。
ちなみに直接打った人に番手を聞くのはルール違反だけども遊びの時はガンガン聞く。
52度のウェッジウェッジは短い距離を打つアイアン。52度は52度打つ面が寝ているので球が上にいきやすい。
58度はもっと寝ているのでバンカーとかで使う。
あたりがうすい芯を外したショット。飛ばない。
ひっかけ大体の人は左に行くこと。左利きのレフティは逆。
チップイングリーンの外から打った球が直接カップに入る事。勝負している時は打った本人はテンション爆上げ、周りは爆下げになる。
バーディ規定打数より一打少なくホールアウトする事。
ボギー規定打数より一打多くホールアウトする事。

続きは下のリンクからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました